真人間になる記

遅れてきた反抗期の彼氏大好き芸人
遅れてきた反抗期の彼氏大好き芸人

メルヘンの木

メルヘンの木というのは俗称で、本当はソフォラと言うらしい


2月くらいだったかな。かわいい植木屋さんにふらっと寄ったときにこの植物が売られているのを見つけた。
ジグザグした枝についた濃い緑の小さい葉っぱがなんともキュート。耐陰性もそこそこあるようなので、家に置きたいと思ってた観葉植物にぴったりだと思った。

去年、豆苗を育てて収穫してから、植物をお世話したい欲がずっと存在している。一言にお世話とは言え、あんまり面倒なの(虫がつきやすいとか)は勘弁なのである程度丈夫なものを。

私の性質として、世の中のスタンダードではないものや流行ものではないものに惹かれるというのがある。珍しいものや妙ちきりんで派手なものが好きなのだ。中二病の亜種と言ってもいいだろう。
この不思議な風貌の植物はそんな私の好みも満たしてくれそうですぐに気に入った。

でもその場では買わなかった。植物と言っても一つの命だから、ちゃんと環境を整えてから迎えたいと思ったのだ。
鉢や土や道具を用意して植え替えるところから始める……。必要な道具を一つも持っていないのでハードルが高く感じて、躊躇しているうちに熱が冷めてすっかりソフォラのことを忘れていた。

ところがさっき昼餉後のまどろみ中にみた夢の中で私は園芸店でソフォラ用の土(園芸土の少量パック。2Lくらい?現実でもこれくらいの量で売ってくれるのかな)を買って好きな鉢に植え替えていた。
意識の表層からはすっかり追いやられていたのに、心の奥底ではずっと欲しがっていたんだろうか。そう思うとまた欲しくなるな。
まず道具を用意するところから始めよう。